FC2ブログ

プロフィール


Author:ZEKUU
自営業兼トレーダー

(現在はシステムトレーダーに特化)
相場歴 株11年 225先物11年

日経225先物・日経225miniデイトレード用売買シグナルの有料配信を行っています

★12月期聖杯会員は締切りました。★
★1月期聖杯会員募集中

入会案内

心空流

株は数多くのダマシが存在します。個人では、勝つ時があっても年間通じて勝てる人は極僅かでしょう。10%存在するか?それ以下でしょう。上がる株・下がる株を日々捜すのは大変です。「日経225先物は相場の水先案内人です!」出来高・流動性が有りダマシが少ないです。ザラ場の動き、感情に左右されず、一喜一憂せず、淡々とフェイズ3の状態(覚醒し最も意識がはっきりしている状態)で冷静に相場に立向かう姿勢が大事です。 ブルが来るか、ベアが襲うか。「眼光紙背に徹し」そして「心を空にして」月間・年間スパンで安定的に収益を確保しています。

月別成績

取引枚数 1枚換算
2012年01月 -8万円 PTS 0円
2011年12月 +4万円 PTS 0円
2011年11月 +1万円 PTS 0円
2011年10月 +5万円 PTS 0円
2011年09月 -8万円 PTS 0円
2011年08月 -2万円 PTS 0円
2011年07月 +5万円 PTS 2万円
2011年06月 +13万円 PTS 0万円
2011年05月 +3万円 PTS 7万円
2011年04月 +13万円 PTS 13万円
2011年03月 +16万円 PTS 12万円
2011年02月 +6万円 PTS 13万円
2011年01月 +12万円 PTS 21万円
2010年12月 +9万円 PTS 0 円
2010年11月 +5万円 PTS 20万 円
2010年10月 -4万円 PTS 14万 円
2010年09月 +47万円 PTS 3万 円
2010年08月 +20万円 PTS 5万 円
2010年07月 +43万円 PTS 2万 円
2010年06月 +34万円 PTS 5万 円
2010年05月 +105万円 PTS 0 円
2010年04月 -19万円 PTS 7万 円
2010年03月 +12万円 PTS 7万 円
2010年02月 +75万円 PTS 0 円
2010年01月 -4万円 PTS 9万 円
2009年12月 +129万円 PTS 0 円
2009年11月 -9万円 PTS 10万 円
2009年10月 41万円 PTS  0 円
2009年09月 2万円 PTS 10万 円
2009年08月 23万円 PTS 14万 円
2009年07月 63万円 PTS 0 円
2009年06月 -13万円 PTS 4万円
2009年05月  30万円 PTS 17万円
2009年04月 133万円 PTS 9万円
2009年03月  -7万円 PTS 34万円
2009年02月  30万円 PTS 6万円
2009年01月  26万円 PTS 33万円
2008年12月 102万円 PTS 20万円
2008年11月  72万円 PTS 64万円
2008年10月 165万円 PTS 76万円
2008年09月  97万円 PTS 4万円
2008年08月  64万円 PTS 17万円
2008年07月  59万円 PTS 35万円
2008年06月  70万円 PTS 31万円
2008年05月 108万円 PTS 0万円
2008年04月 102万円 PTS 29万円
2008年03月  71万円 PTS 51万円
2008年02月  46万円 PTS 31万円
2008年01月 199万円 PTS 51万円
2007年12月  176万円 PTS 6万円
2007年11月  33万円 PTS 65万円
2007年10月  176万円 PTS 6万円
2007年09月  33万円 PTS 65万円
2007年08月  136万円 PTS 60万円
2007年07月  31万円 PTS 23万円
2007年06月  -26万円 PTS 23万円
2007年05月  68万円 PTS 0万円
2007年04月  -39万円 PTS 13万円
2007年03月  99万円 
2007年02月  49万円 
2007年01月  99万円 
2006年12月  27万円 
2006年11月  71万円 
2006年10月  67万円 
2006年09月  45万円 
2006年12月  27万円 
2006年11月  71万円 
2006年10月  67万円 
2006年09月  45万円 
2006年12月  27万円 
2006年11月  71万円 
2006年10月  67万円 
2006年09月  45万円 
2006年08月  96万円 
2006年07月  55万円 
2006年06月  -23万円 
2006年05月  82万円 
2006年04月  68万円 
2006年03月  45万円 
2006年02月  58万円 
2006年01月  33万円 

年度別成績

取引枚数 1枚換算
2012年    -3万円
2011年   +66万円
2010年   +323万円
2009年  +463万円
2008年  +1118万円
2007年  +804万円
2006年  +624万円
2005年  +512万円
2004年  +535万円
2003年  +318万円           

システムスペック

対象期間:2006年1月~12月15日
1枚換算
トレード回数:226
総利益:1427
純利益:597
純損失:830
勝率:59.45%
プロフィットファクター:1.72
損益レシオ:1.17
最大ドローダウン:72

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お問い合せはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

先物ブログランキング

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

聖杯メール会員規約

メール会員規約・申込フォーム ☆ メール会員会費 20.000円/月(前月25日迄に振込み) ☆ 1ヶ月契約 ☆ 午前8時45分までにメールにて配信(PC or 携帯) 下記規約をお読みになり送信して下さい。確認後、振込み先等について返信します。但し、定員に達しましたら締め切らせて頂きますのでご了承下さい。
■-------------------------------------------------------■
【会員規約】

聖杯への道・管理者(以下甲という)は、「日経225先物取引情報メール配信」を会員(以下乙という)との間に締結するための会員規約を、以下のとおり定める。
1条 サービス及び配信の内容

甲のメール配信による日経225先物取引に関する情報の提供。配信されるメールは不特定多数の者に販売することを目的として発行される文書で、不特定多数の者により随時に購入可能な文書であり、有価証券の価値等又は有価証券の価値等の分析に基づく投資判断に関し助言を行うものではありません。したがって、あなたと私とは有価証券投資顧問業法第2条第1項の規定する投資顧問契約関係には入りません。
2条 会員とは

当サービスに入会を申し込み、甲がこれを承諾し、当サービスを利用する個人。
3条 会員資格

会費の入金確認をもって会員と承認するものとする。また、所定期間の間、会員の資格を有するものとし、契約の解除日をもって資格を失効する。
4条 会員契約期間

契約期間は毎月月初から月末迄の1ヶ月間とする。
5条 会員の継続

会員資格の継続を希望する場合、25日迄に次月会費の入金が確認できた場合、契約期間の更新とする。
6条 会費

会費は、1ヶ月20,000円とする。 但し、甲は事前に通知すること無く料金体系を変更することが出来る。
7条 会員情報の守秘義務

甲は以下の場合を除き、乙の了承を得ずに乙の個人情報について、他人に開示しない。 ・法的根拠に基づいて請求された場合 ・金融機関からの要請があった場合
8条 会員資格の取り消し

(1) 甲配信の情報内容を第三者に対し、公開及び、営業目的として使用した場合。 (2) 公序良俗に反する行為。 (3) その他、甲が不適当だと判断した行為。
9条 責任

甲からの情報提供により、乙が行った売買取引で発生した損失に対し、甲は一切の責任を負わないものとする。
10条 サービス内容の変更、中止

甲は、事前の通知無しで一時的、永続的に本サービスの内容を変更、又は中止することが出来るものとする。 この場合、経過していない会員期間の会費については、日割り返還をもって終了とする。 但し、サービス内容変更、中止によって、発生した損失、不利益については、甲は責任を負わないものとする。
11条 会員規約の変更

甲は乙の了承を得ることなく、本規約を変更することが出来るものとする。
12条 変更の届け出

乙は、その氏名、連絡先、Eメールアドレス等の変更があった場合、甲に遅滞なく通知するものとする。 また、通知が遅滞した事により、乙が不利益を被った場合、甲は乙に対して、一切の責任を負わないものとする。
13条 利用料金の返還

入金された利用料金に関しては、いかなる理由にも返還しないものとする。
14条 免責事項

(1)甲又は乙の所有するインターネット接続機器に障害が発生した事により、サービスの配信の遅延・中断等が生じ、乙が不利益を被っても甲は一切の責任を負わないものとする。 (2)乙が本規約に違反し甲に損害を与えた場合、甲は違反者に対し損害賠償の請求を行う事が出来るものとする。訴訟の必要が生じた場合、当方の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする             
      
スポンサーサイト



<< 本日の結果 2006年12月18日 | ホーム | ★聖杯メール会員詳細★ >>


 BLOG TOP